こんにちは〜〜!

今回のブログ担当はニーアさんだよ〜

やだっ、スパン短くない?!

もうニーアさんのターンなの?!

 

そうだよ、諦めなさい

読みなさい

 

 

今回の記事はね、

蒟蒻

こんにゃく

 

そう、蒟蒻畑ゼリーについて書こうかな

 

え?何で?

それは、今日の私のお昼ご飯が

蒟蒻畑だったからだよ

 

 

今日食べたのは、桃味。桃好きなんだよね。梨とかも好き。なんか水分が多い果物好き。

 

1個取り出してみる。今回の主役をじっくり観察していきましょう。上から見た図。ちなみに蒟蒻ってサトイモ科。サトイモの煮っころがしって美味しいよね。

裏から見た図。見てください、このプラスチックの入れ物からも伝わる美しい曲線のフォルム。冷凍させてシャリシャリにして食べるのオススメ。

お皿に中身を出たよ。ゼリーを手作りしたくなってきたよ。どうせ作るなら紫陽花ゼリーみたいなの作りたいなあ。ちなみに紫陽花の花言葉は、「移り気」や「浮気」「無常」。
色ごとの花言葉は、「青=辛抱強い愛情」「ピンク=元気な女性」「白=寛容」。ニーアさんは基本的に厨二病の創作クラスタなので、〇〇言葉系の綺麗なヤツが大好きだよ(花言葉、星言葉、数言葉とかね。個人的にカクテル言葉なんてバーにはピッタリなんじゃないですかね。こういう言葉から作品へのアイディアが隠されてたりするんですね。)

あ〜。倒れた〜。弱ぃ。
ちなみに、カクテル言葉で、「これ、作品のアイディアに使える!」と思ったのは、ナップ・フラッペ。カクテル言葉は「星は君、月は僕」だって。ひゃ〜〜っお洒落だね。甘めのカクテルですね。ニーアさんは基本的に日本酒か焼酎ばかり飲んでる人なのであまり飲まないけど。

今度は、お花を作ってみたよ。六葉のクローバーだね。お花を作るといえば、ニーアさんは折り紙で簡単な薔薇の花を折ることができるよ。また折り紙の話かよ。

 

こんなに沢山の蒟蒻畑の写真を撮ったのは

人生で2回目だったなあ

前回写真を撮った時より、

色味を綺麗に撮れたと思う

成長してるね。

まあ、その前回を知らねえよって話だよね。

 

それでは、こんなこのへんでサヨウナラ。

 

以上、里芋はそのまま煮ると

大量のアクが出てしまうので、

丁寧に下処理することが、

美味しい里芋の煮物を作る

第一歩という話でした。