みなさーーん!!
今日のブログはピエールさんが書きますよ〜!!
注目ですよ〜!!

さて、今日は何の話題かと言いますとですね。

ちょっとお店のTwitterで気になっていた

ワンナイトマンション!!

 

出没時にもお写真撮ったこれです!

ルールだけ教えてもらったのでお写真はありませんが、さらっとどんなゲームなのかというのと、こういう点がいいねっていうところを話していきたいと思います!

ワンナイトマンションとは?

プレイ人数:4人〜7人

その名の通り「一夜」でさくっと終わる超お手軽正体隠匿系ゲーム!!
いわゆるワンナイト人狼のようなゲームですが、ワンナイト人狼と比較して話していきますね。

ワンナイト人狼では目をつぶったりGM(ゲームマスター)を必要としますがワンナイトマンションは目をつぶらなくてもいいGMで人数が割かれることもない

このゲームはまず全部で8枚ある役職カードをよく切ります。

次に何かしらで決めたスタートプレイヤーから順番に、役職カードを2枚渡してその中から1枚を選んで残りを他のプレイヤーに渡す
次にその渡されたプレイヤーはまだ使われてない役職カードを1枚追加し渡されたものと合わせて2枚の中から選びまだ選んでないプレイヤーに渡す

というのを繰り返していきます。
最後のプレイヤーが選ばなかった役職はNPCに送られていき、残った役職カードは欠けになります

この「あいつにあのカードを渡した」というのが次の議論フェイズでヒントになっていくんです。

次に役職カードを紹介していきます。

〜黒サイド〜

殺人犯:いわゆる人狼。地下牢に送られた(人狼でいう処刑)ら殺人犯は敗北します。マンションの住人はこの殺人犯を地下牢に送るために議論していくわけですね。

共謀者:いわゆる狂人。殺人犯が勝つと共謀者も勝利します。生死は問いません。

〜白サイド〜

全員基本的に生き残るのが勝利条件ですが、殺人犯を地下牢に送れないと皆殺しにされて敗北してしまいます。
役職の特殊能力をさらっと紹介。

探偵:役職公開で投票関係なしに探偵が地下牢に送る人を決めることが出来る。

執事:役職公開で使わなかった役職カードを見ることができる。しかし執事の票は0.5票分になる。

富豪:役職公開をするとお金の力で富豪の票は1.5票分を得る

〜第三陣営〜

爆弾魔:こいつが地下牢に送られると爆弾魔の単独勝利となります
地下牢に爆弾を仕掛け、自分もろとも屋敷を爆破してしまうからです。

こういった要素を使っていきながら議論していき、基本的には最後の投票フェイズで一番投票数の多いプレイヤーが地下牢送りとなります。
ワンナイトなのでこれで全員の勝敗が決まりますね。

〜いいねって思った点〜

やはり情報があると議論が進んでいいですね(*´ω`*)
4人からできるので結構正体隠匿系ゲームの中でもお手軽なんです。
これはぶっちゃけ個人で買ってもいいくらいにはお手軽かも🤔

以上!
ワンナイトマンションの紹介でした〜!!
気になったらぜひ、プレイしてみてくださいね🙌✨
それではまた次回お会い致しましょう〜!!