こんにちは、本日のブログ担当のなっちゃんです。

私が働き始めてからまもなく3ヶ月!

いろんなゲームを遊んできました。今回はお気に入りのゲームを紹介しようと思います。

ひとつめは、SKULL

駆け引きが大事なゲームですね。絵柄が可愛いのもプラスポイントです笑

3枚の薔薇と1枚の髑髏の手札で、場に1枚ずつ裏向きに出していき、出されたカードの中で、髑髏をめくることなく、めくれることができそうな薔薇の数を宣言したら勝負スタート。

相手が言った数や自分の出した薔薇の枚数から推測して、更に数を上げることができます。

一番多く数字を言った人が、カードをめくります。髑髏を出さず薔薇をめくれれば成功。もしも髑髏をめくってしまうと、自分の手札を1枚奪われてしまいます。

決して強いわけではないのですが、ブラフと運のバランスがよく、とても面白いゲームです。

ふたつめは、タギロン。これはたくさん勝てたのでお気に入りです笑

青と赤の各色の0から9、ただし、5だけ黄色の数字タイルから、ランダムに選んだタイル、5枚を数字の順に並べ、相手の数字、色、位置を当てるゲームです。

場の6枚のカードから好きなものを選んで、相手に質問することができます。

相手の数字が分かったら、宣言し、当たっていたら成功です。

ふたりのときは何度でも宣言できますが、3人以上だと、相手1人に対し、1回までしかできないので、慎重になりますね。

頭を使うゲームが好きな方、特にヌメロンなんかが好きな方におすすめです。

みっつめは、Dixit

私の1番、といっても過言じゃないくらいお気に入りのゲームです。

抽象的な言葉遊びが楽しい、パーティーゲームです。

6枚の自分の手札の中から、1枚のカードにテーマをつけて裏向きに出します。

他のプレイヤーも、そのテーマにあったカードを出し、シャッフルして並べます。

テーマを決めた人、つまり親以外で、投票を行い、全員が親のカードを選ぶ、もしくは全員が選ばなければ、親に点数は入りません。

親は全員ではなく、0人でもなく、誰かに選ばれた場合のみ点数が入ります。

また、親以外で、他の誰かに投票された場合も点数が入ります。

いろんな人とこのゲームをすると、自分が過去につけたテーマと全然違うテーマでカードを出す人ばかりで、とても面白いです。

是非遊んでみてください。

なっちゃんでした!